社会貢献活動として、学校教育のサポートを目的とした研究所

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問
「エゴグラム」とは?
①私たちは日常生活で、思ったり、感じたり、行動したりしています。交流分析ではそれを5つの機能(CP・NP・A・FC・AC)で分析します。それを視覚化して、グラフで表したものが「エゴグラム」です。(⑤参照)
②グラフの形は一人ひとり異なっていて、時と場所、相手によって変化します。その形に「よい」「わるい」はありません。あえて言えば、エゴグラムの形の違いは「個性」と言えます。
③個性の「長所」に気づくことで自信につながります。短所と思われることは、個性として受け入れることも、変えることもできます。
「エゴグラムSHE」とは?
ホットメッセグループは2003年11月から「エゴグラム(家庭版・家庭外版)」の試行を開始。中学生・高校生が学校(S)の自分と家庭(H)の自分を比較することで、エネルギーの使い方やストレスに気づくことが出来るものです。以後改訂を加え、05年には公開版、06年6月からホームページ「励ましのメッセージセンター」で中高生(保護者)に分析とアドバイスを送ってきました。その中で、生徒の自分探しや先生が生徒を理解するのに役に立つツールとして活用されてきました。
統計的に処理されたものを作成するに当たり、150の設問から120問に整理されたものをホットメッセから研究所が譲り受け、データを収集し「共分散構造モデル」として、統計的に信頼できる60問の質問紙として完成しました。
2013年3月には、高校生男女各1000名を超えるデータにより、記入紙の標準化(高校生用)を行いました。今後は、中学生・小学生高学年・専門学校・短大・大学生のデータを回収し、標準化を目指しています。
(注) 励ましのメッセージセンター(ホットメッセグループが運営するホームページ)
〔作成経過〕

〔参考〕エゴグラムSHEから分かるパーソナリティ
SHEの妥当性は?
共分散構造分析で、学校と家庭の各機能(CP・NP・A・FC・AC)が同一因子になった。(モデル図参照)妥当性を示す適合度GFI・AGFI・RMSEAも充分な値を得ることができた。このことから、学校と家庭で異なる使い方をしている機能は、そのようになる背景を考えることで課題が見えてくる。
また、NP因子とA因子が正の相関、CP因子とAC因子が弱い負の相関が見られるのも興味深い結果である。
SHEの信頼性は?
各機能のクロンバックのα信頼性係数は下記の通りで、思春期の子どもの回答であることを考えると充分な値を得られた。
なぜ記入紙の標準化が必要か?
下記の事例を見ると一目瞭然である。(特に学校の形は、標準化していない用紙では読み誤る可能性がある)特に、赤(学校)と青(家庭)の2本線の間に68%の人が含まれている。思春期の子どもを支援する場合、範囲外にある機能を個性と捉える視点を大切にしたいと考えている。
「エゴグラムSHE」が活用できる分野は?
2000を超える高校生のデータを分析し「共分散構造モデル」として、統計的に信頼できる質問紙として完成したものです。
中学生・高校生が「学校(S)の自分」と「家庭(H)の自分」を比較することで、エネルギーの使い方やストレスに気づくことが出来るものです。
生徒が自分の個性(長所・短所)や他者のことを知ることができます。更に、自分を変えるきっかけや人間関係を改善する方法を学ぶこともできます。
また、忙しい先生が、短時間で的確に生徒を理解するのに役に立つツールとしても活用できます。集団の傾向を把握したり、課題の生徒を発見するのにも応用できます。
具体的には
①入学時や新学年のスタートのホームルーム
②担任の生徒や保護者との懇談
③総合学習で自分を知ることから仲間づくり
④進路学習で自分の適性を知る
⑤生徒相談室で来談時や変化を把握
⑥学年団や学校全体で生徒の実態把握・・・
SHEの活用法を学ぶ機会は?(出前講座の必要経費は? 依頼方法は?)
①研究所では会員向けに「エゴグラムSHE活用講座」「教育実践交流会」を開催しています。また、支部からの依頼を受けて、心の開発セミナーに講師を派遣しています。そのような機会を活用してください。
学校など公的な機関には『出前講座(必要経費無料 1回のみ 2時間程度)』のご希望にお応えします。また、有料の委託講座のご相談にも応じます。
②派遣講師は、交流分析士インストラクター・准教授・教授の資格を持つ教職経験者及びスクールカウンセラー等、研修の要望に応じます。
③必要経費:講師料・交通費は無料です。(会場費・資料の印刷費は主催者でご用意ください)
④依頼方法は、下記の「お問い合わせ」から、メールでご連絡ください。講師選定の関係で、開催日まで2か月以上の余裕を持ってお願いします。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6375-1003 月火木金(祝日を除く) 10:00~16:00

PAGETOP
Copyright © TA学校教育心の開発研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.