ファザーリング全国フォーラムinやまがた 分科会でプレゼン

文科省から「地域全体で子どもたちの成長を支え、地域を創生する”地域学校協働活動”について」報告がありました。
その中で「外部人材を活用した土曜日の教育支援活動」が15,000か所(小・中・高)で実施予定です。(H29年度予算要求)

日本交流分析協会の40周年記念大会で、文科省地域・学校支援推進室の下田力様に講演していただきました。
日本交流分析協会(担当TA学校教育心の開発研究所)は、土曜学習応援団に登録し、”地域学校協働活動”を応援していきます。〔土曜学習応援団申込書〕ご依頼は左記依頼書でお申し込みください。

今回は、3団体の事例発表の中で、山本所長が具体的なプログラムを紹介しました。
プログラムはこちらから基本的な自尊感情を育てるワーク
山内研究員も参加し、講演の援助とブースに分かれて質疑応答を行いました。

県教育委員会で社会教育を担当されている方、地域やパパの子育てを支援しておられる方々がブースに来られて、熱心に質問されました。子育ち支援士の皆さんのお力もお借りして、皆さんから依頼されるようなプログラムを作成していきたいと考えています。