社会貢献活動として、学校教育のサポートを目的とした研究所

所長 趣旨

  • HOME »
  • 所長 趣旨

研究所の目指すこと

特定非営利活動法人『日本交流分析協会』(1976年発足)は、「私もOK、あなたもOK」という交流分析の哲学を基盤として、より豊かな人生を営むための教育団体として、社会貢献活動に取り組んでいます。

会員数3千名を超える、わが国最大の「交流分析」発信基地である当協会が、社会貢献活動の一環として『TA学校教育心の開発研究所』を2009年に開設いたしました。「セルフコントロールの心理学」と呼ばれる「交流分析」を活用し、学校教育を応援する取り組みを進めてまいります。

6年余りの歳月をかけ、学校教育経験者や全国の学校の協力、さらには外部の専門家の支援と指導のもとに、わが国初の本格的な中・高校生向けの「エゴグラムSHE」をはじめ「学校教育をサポートする教材」を開発するなど、研究所設立に向けて準備を進めてまいりました。

これら開発の各種成果を、教員や保護者など生徒と関わるすべての方に「深い生徒理解ができるツール」として提供いたします。
研究所は、周囲の人たちに支えられて「自分が好き」と言える中・高校生の育成を目指しています。

SCHOOL REVOLUTION!

学校教育への小さな波紋が、10年後、20年後のよりよい社会に、広く大きな波へと成長することを強く願っています。

JTAA-研究所
所長 山本 昭一

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6375-1003 月火木金(祝日を除く) 10:00~16:00

PAGETOP
Copyright © TA学校教育心の開発研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.